WINDOWSとMACの混在LANでトラブる

今日、WINDOWSとMACの混在LANのお客様のところへ、作業に行って来ました。

しかし、結局うまくいかなかった・・・。

E社のインクジェットプリンタにプリントサーバを付けて共有しようとしたが、前回うまくいかず、やはりMAC対応ならAppleということで、AirMACをただのプリントサーバとして利用しようとしたのだが、なんとMAC側から印刷時に通信エラー。

途中MACの電源コード不良とかもあり、長時間かかったあげく、次回持ち越しとなってしまった・・・。

他にも、B社の複合機のスキャナやPC-FAX機能のネットワーク共有等、台数の割には、複雑な作業で、丸1日かかったしまった。

お客様が、R社の先輩だったこともあり、「長時間、ご苦労様。でもなんとか便利に使えるようにして欲しい。今後も業務の改善とかにも相談に乗ってもらって、一緒に成長して行きたい」と言って頂いたが、こちらの内心は大ショック。前日に、実験環境でテストをしておいたにもかかわらず・・・。

あいちベンチャーハウスの仲間にも、MAC利用者は何社かいるので、聞いてみたが、

「それでできるはずだけど、本当にできるかは、OSのVer.等含めて、実際の環境でやってみないとわからない。」という感じ。

やっぱり、MACは難しい。

カテゴリー: お客様と パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です